「子育て」タグアーカイブ

子育てで印象に残っているイベント!新生児のときのお宮参り

子育てをしていくうえで、多くのイベントがありました。その中でも特に印象に残っているのは、子どもが新生児のときのお宮参りです。祖父母が近所に住んでいないので、家族だけで行う必要がありました。共働きで忙しいため、衣装を揃えたり写真撮影をしたりするのも、全て1日で済ませるのが当時の希望です。そこで考えたのが、写真撮影用の衣装を借りてお宮参りを済ませるという方法でした。

非常に斬新なアイデアだと自画自賛していたのですが、考えることは誰でも同じだとすぐに気付きました。写真撮影のショップに問い合わせたら、そのようなサービスを提供していると知らされたからです。お宮参りに行く前にショップに立ち寄って衣装を借りるのは、もはや定番の流れだったのです。そのショップで写真撮影を行うという条件で、衣装は無料でレンタルできました。衣装代を節約できたのは良かったのですが、その後に非常に焦る事態に陥ったことを覚えています。

撮影の予約が11時で、ショップに到着したのが10時でした。つまり1時間でお宮参りを済ませる必要があったのです。本当はもっと早く衣装を借りたかったのですが、ショップが10時からしか開いてませんでした。また予約も11時より後には取れなかったのです。そのため走って神社にいって、汗まみれでお宮参りをすることになりました。お宮参りが終わったのは1045分ごろです。またショップまで走ったところ、何とか11時に間に合いました。

楽しいお祝いのイベントで、新生児期の子育てを乗り越えましょう

子どもを産むまで、自分なりに学生時代に勉強もしてきたし、社会経験も積んできたし、子育ても皆がしている事だから自分にも出来るだろう。というくらいにしか考えていませんでした。実際に子どもが生まれて来てから、それは大きな間違いにすぐに気付かされました。特に一人目の子どもの新生児期は、毎日が疲労と恐怖を感じる日の連続でした。夜に寝てくれないため、自分の疲労は蓄積する一方で、生まれて初めて接する新生児は想像以上に小さく頼りない存在です。授乳後に母乳を吐き出すだけでどこか病気なのではないか、と真剣に心配していました。子どもの泣き声が聞こえるたびにげんなりし、夜が来るのが恐怖としか感じる事が出来ない日々でした。これから延々と続く子育てをやっていけるか自信を無くす毎日だったといっても過言ではありません。そんな新生児期の日々でしたが、周囲の家族がお七夜やお宮参りといったお祝い事を計画してくれたことが、すごく嬉しかったことを覚えています。お祝いのイベント事があるというだけで、自分の心も弾みます。何より子どもが生まれて来てくれたことを、こんなに皆が喜んでくれているのだと改めて感じる事が出来て、大切な子どものために頑張ろうと思う事が出来ました。新生児期の子育ては特に大変ですが、それを乗り越えると毎日少しずつ楽になっていきます。久しぶりにお七夜やお宮参りの時の写真を見返すと、この頃が良かったな、とさえ思う時があるくらいです。新生児期はとても大変ですが、本当にあっという間に過ぎます。楽しいお祝いごとを計画して気分転換もしながら乗り越えましょう。

新生児の子育てでのイベントについて

私は子育てではイベントもしっかりと楽しみたいと考えていたので、新生児の時からイベント時は欠かさずに家族でお祝いしてきました。子供の記憶には残らないかもしれないけれど、家族の大切な思い出としていつか写真等で教えて上げられたらなという思いもありました。そのためたくさん写真を撮るようにして、家族全員での記念写真も残すようにしています。

子供が新生児の時に行ったイベントのお祝いで、一番印象に残っていることは百日のお祝いです。これは古くから伝わるお祝いということもあって、最初は何をやるかや意味についても理解していませんでしたが調べていく中で、とても大切なお祝いであると感じるようになりました。せっかくのイベントなので私と夫の両親も招いて、家族全員で賑やかに祝うことにしました。

午前中は写真館に行って貸衣装の着物をレンタルして子供の記念写真を撮影しました。その時は私と夫も正装をして家族全員での写真撮影もお願いしました。そして夕方からは家族全員で集まって食事をしました。その時は子供用にお食い初めの料理も用意してもらい、食べるふりだけをしました。子供は食べたい様子で口を開けていましたが、それもかわいくとても貴重な瞬間でした。子供がこれからも食事に困らないようにとの願いを込めながら、家族全員でイベントを楽しめたのは子供にとっても私たち親にとっても素晴らしい経験でした。これからも子供と過ごす生活で楽しい思い出をたくさん作っていきたいです。

新生児の子育てに悩みはつきもの

初めての赤ちゃんは、パパもママも嬉しくてたまらないものです。

でも、退院して家で子育てをするようになると、だんだん不安になってきます。

特に新生児は小さくて弱々しいので、ちょっとしたことに心配してしまいがちです。

私もそうでした。

赤ちゃんは決まった時間にミルクを欲しがったりしません。

欲しいときに泣くのです。

特に最初の頃は、量もたくさんは飲めないので、

ちょっと飲んですぐ寝て、またすぐ起きて泣く。

この繰り返しです。

そのため母である私のほうが眠れなかったりして、これが悩みの種でした。

なのに、よく寝ていると、今度は逆に「生きているかしら」などと

余計な心配をして、オロオロしたりしました。

小さな寝息が聞こえると、それだけでホッとしたものです。

お友だちの赤ちゃんは、よく飲んでよく寝てと、うらやましいくらいでした。

でも、個人差があるものですし、赤ちゃんも飲み方が上手になると

おなか一杯になるまでしっかりミルクを飲むようになります。

そうすると、夜も寝るようになってきました。

新生児の間は、ほんとうに夢中で悩んでばかりでしたが

幸い、近所に先輩ママがたくさんいましたから、助かりました。

何気ない立ち話で、子育ての悩みは半分解決したのです。

具体的なアドバイスがほしかったわけではなく、

ただ聞いてほしい、それだけだったような気がします。

何もしゃべれない赤ちゃんと二人で家の中にいると

だんだん不安が大きくなってしまうものです。

新生児を抱えたママに悩みはつきものだということを、

先輩ママたちは自分も経験して知っています。

悩みがあったら、誰かに相談してみることの大切さを実感した出来事でした。

新生児期の子育ての悩みを救ってくれた助産師さんの言葉

妊娠すると出産経験のある母親や友人などから、子育ての話をよく聞いていました。その時は子どもが生まれてきたら大変なんだな、という程度にしか思う事が出来ませんでしたが、実際に子どもが生まれてからその大変さを痛いほど実感しました。特に一人目の子どもの生まれて初めて経験する子育ては、想像を絶する大変さでした。特に新生児期は、まとまって寝てくれない、夜に全く寝てくれない、乳腺が詰まって乳房が貼る、新生児のおっぱいを吸う力も弱く常に乳房が張り激痛を伴う、など書ききれないくらいの悩みがありました。こんなに疲れて果てている毎日で、これから子育てを楽しむなんていう事が出来るのだろうかと心底感じていました。まるで終わりの無い子育て地獄にでも踏み入れた心境そのものです。そんな悩みと疲労だらけの新生児期の子育てを救ってくれたのは、出産した産院の助産師さん達でした。乳房のケアの方法や、母乳に良い食事指導はもちろんですが、子育ての疑問や相談に乗って頂けた事が非常にありがたかったです。出産してまだ間もない頃、新生児の扱いにも全然慣れておらず途方に暮れていた時、助産師さんが「育児書なんて読まなくていい、この子だけ見ていれば良いの」とおっしゃって下さいました。その時、とても深い安堵感に包まれたことを今でも鮮明に覚えています。無理しなくて良いんだ、自分なりの子育てで良いんだ、と思う事が出来て、それから心が楽になり現在も大変ではありますが、何とか子どもと毎日の生活を楽しみながら過ごすことが出来ています。