新生児の悩み

新生児の子育てに悩みはつきもの

初めての赤ちゃんは、パパもママも嬉しくてたまらないものです。

でも、退院して家で子育てをするようになると、だんだん不安になってきます。

特に新生児は小さくて弱々しいので、ちょっとしたことに心配してしまいがちです。

私もそうでした。

赤ちゃんは決まった時間にミルクを欲しがったりしません。

欲しいときに泣くのです。

特に最初の頃は、量もたくさんは飲めないので、

ちょっと飲んですぐ寝て、またすぐ起きて泣く。

この繰り返しです。

そのため母である私のほうが眠れなかったりして、これが悩みの種でした。

なのに、よく寝ていると、今度は逆に「生きているかしら」などと

余計な心配をして、オロオロしたりしました。

小さな寝息が聞こえると、それだけでホッとしたものです。

お友だちの赤ちゃんは、よく飲んでよく寝てと、うらやましいくらいでした。

でも、個人差があるものですし、赤ちゃんも飲み方が上手になると

おなか一杯になるまでしっかりミルクを飲むようになります。

そうすると、夜も寝るようになってきました。

新生児の間は、ほんとうに夢中で悩んでばかりでしたが

幸い、近所に先輩ママがたくさんいましたから、助かりました。

何気ない立ち話で、子育ての悩みは半分解決したのです。

具体的なアドバイスがほしかったわけではなく、

ただ聞いてほしい、それだけだったような気がします。

何もしゃべれない赤ちゃんと二人で家の中にいると

だんだん不安が大きくなってしまうものです。

新生児を抱えたママに悩みはつきものだということを、

先輩ママたちは自分も経験して知っています。

悩みがあったら、誰かに相談してみることの大切さを実感した出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です